ゴールデンウィークの診療案内です

みなさんこんにちは。
当院のゴールデンウィークの予定は以下の通りです。
3、4日は祝日ですが、午前午後とも診療いたします。

春ですね、早いものでもうゴールデンウィークなんですね。
植えてもらったパンジーさんの水やりをして春を感じました。
植えてもらった…というところがポイント…です。ここを建ててくれた建築士のお母様、お子さん、どうもありがとうございます。
犬たちも喜んでおります(笑)

もひとつ。

このワン、名前があって「ハリーさん」と呼んでいます。
どうしてハリーさんという名前になったのでしょう?
ヒント:鍼治療

…、それではみなさん気温差が激しい毎日、体調には気を付けてお過ごしくださいね。

椎間板ヘルニアなどによる背中の痛みと腰痛に鍼と漢方

こんにちは、今日は鍼漢方をご紹介します。
H町うめちゃん、穏やかな可愛らしいミニチュアダックス。
あれ? ちょっと緊張してますか?
数回目の来院ですが、これでもだいぶ緊張が取れてきたんですよ。

うめちゃん、この冬とても背中か腰が痛く、背中を丸めてとてもつらそうでした。背中を丸めるしぐさや、中程度の不全麻痺が見られたため椎間板ヘルニアや椎間板脊椎炎などの可能性ありと仮診断しました。
痛みの症状が強く、本人も緊張していたためまずは少量のステロイドの治療を数日間行ったところ、少し楽になったようでした。さらにここから鍼治療と漢方薬の治療を始めました。症状に加えて舌の色と脈を診て体質を確認し中獣医学の診断である「証」を確定します。うめちゃんの舌は淡く、厚く、泡がありました。脈は沈んで弱々しく、右が弱かったです。そして、詳しいカウンセリングの結果元気はあまりなく元来とても寒がりとのことでした。証は「背部の気血滞」「腎気虚または腎陽虚」」と考えました。
「気血滞」とは気や血が滞り、痛みや腫れ、炎症などが起きた状態のことで、「腎」は中獣医学の中では骨や神経系、内分泌系などを支配します。「気虚」は簡単に言うとエネルギーの低下、「陽虚」は気虚の症状+「寒」の症状を言います。

鍼治療開始です。この表情、かわいいですね。おしりはみ出してますよ(笑)
うめちゃんは背中に気血の滞りがあるのでそれを解消する経穴(ツボ)、「腎」を補う経穴、体を温めてリラックスさせる経穴十数か所に、細い鍼を置き鍼する「白鍼」という方法を取りました。写真では見えませんが、後ろ足にも数本鍼をうっています。

お!ナイスショットです。こういう写真はなかなか撮れません。最初は緊張しているのですが、鍼がきいてきたのでしょうか、目のシパシパが始まりました。鍼との相性がいい子はリラックスして気持ちよくなってくるとこういう表情をしてくれます。

症状がとても改善してきたのでステロイドは減量して早々に終了して、今は漢方薬と2-3週間に1回の鍼治療だけです。今はとても元気ですが、少々食欲元気が出すぎてるかも???とのこと。
東洋医学では、足りないのはもちろん問題ですが、出すぎてるのも問題と考えます。「ちょうどいい」がベストなので、これがうめちゃんの本来の姿なのか、出すぎの症状である「実」の状態であるのか、これから判断しなくてはなりません。もし「実」なら鍼治療や漢方薬は「瀉」の方法や薬を選ばなくてはなりません。
うめちゃん、診察とカウンセリングを繰り返し繰り返し行って「ちょうどいい」の状態を目指していきましょうね!

イヌのツボ

みなさんこんにちは。
だいぶ春らしくなってきましたね。
自分は、匂いや香りで記憶が残っていることが多く、記憶と香りの結びつきが強いです。
日差しがあったかくなって、雪が解けた時の独特の匂いがすると、あぁ、春が来るな~と感じます。
これはあるあるなんじゃないでしょうか?

さて、これは診察室の写真です。この青いポスターははなんでしょう。

先月の終わりに貼っていただきました。
これ、イヌの経絡図なんです。
経絡、つまりツボの通り道のことです。
アップにするとこんなです。

もし興味があったらじっくりご覧になってみてください。
とってもおもしろい(?)ですよ!

 

 

3月3日(土) 午後 臨時休診のお知らせ

3月3日()午後は臨時休診となります。
大変ご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

獣医鍼灸 Chi Institute日本分校のお知らせ(フライヤーと申込URL追記しました)

 

皆さんこんにちは。
早いものでウッディ動物病院が開院してから今日で3か月です。
たくさんの方にお世話になり、とても感謝しております。
今日は獣医師、獣医学部の学生さんへのお知らせです。
私は2015年にフロリダのChi Instituteという獣医鍼灸学校でライセンスを取得しました。
授業はとても具体的で良い先生と仲間に巡り合えたおかげで無事にカリキュラムを終えることができました。
このライセンスが2018年より日本でも取得できるようになりました!
こちらがホームページです。
紹介ページはほとんど英語ですが、講師が日本人ですので日本語での授業が受けられます!
鍼灸治療は私たちのホームページでも紹介している通り、とても穏やかに身体に作用します。
今までなんとなく様子を見ていた症状に対して良い効果が出ますし、飼主さんにとても喜ばれます。
獣医鍼灸治療は専門的な知識と経験です。
これらの授業が日本でも受けられるのはとても良いことだと思います。
現在の治療をしつつ、東洋医学(私たちは中獣医学と言っています)を取り入れてみたい先生、東洋医学を極めたい先生におすすめできます。
カリキュラムに関しての専門的なご質問はホームページから、鍼灸ってどうなの?というご質問は病院にお問い合わせいただければ喜んでお答えいたしますのでお問い合わせくださいね。

こちらから、受付開始しております!

12